tatarabookmark

記録と感想

鬼滅の刃 吾峠呼世晴画集―幾星霜―

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集―幾星霜― (愛蔵版コミックス)

  

 鬼滅の刃のカラーイラストを大判で収録した画集。ジャンプで使われたけど単行本に収録されていない表紙の絵なんかも入っている。

 初出のモノクロ絵が数点。気合はいってるのでファンにはよいのでは。

 

 記録的なヒットとなって広い世代に認知された鬼滅をキャラクターデザイン面から分析できないかとぼんやり。

 頭身の低く丸いキャラクター、女性作家にありがちな手指の太さ、ハイライトを抑えた特徴的な眼、記号的な衣装なんかが特徴だろうか。このあたりの特徴は典型的なキャッチーさで、幼児向けキャラクターのロジックに近い。少年漫画の色合いとしては若干どぎついけれど、原色の強い配色は幼児向けコンテンツの正解である。

 頭身の低さと手指の太さが戦闘中のマッシヴさに繋がっているのはどこまで計算していたのだろう、愛らしいデザインだが儚げな表情が多く、このギャップは非常によい。(逆に相性がよくなかったのは怒りの表情だろう)

 などなど、ぼんやり考えている。